写真部の人間 Neue

写真部の人間

Lightroomのプリセット "古い極線"とは一体何?

Lightroomには露出や色の調整など, 予め登録しておいた作業をワンクリックで行う"プリセット機能"があり, インストール時点ですでに幾つかのプリセットが登録されています. “クロスプロセス"や"自動階調"など, 名前からどのようなプリセットかを判断できるものもありますが, そうでないものもあり, "古い極線"もそのうちのひとつです.

ネットでいろいろ調べてみても, “古い極線"の意味は見つかりませんでした. "古い"はともかく, "極線"というと, あの高校数学の極線でしょうか. 意味不明です…

ただ, 実際にいろいろな写真に適用してみるとこれが結構面白い結果を生むようで, フイルム風…と言われればそうなんですが, 特に露出アンダーの写真や, シャドー部の発色がかなりくどくなります. また, 青・緑・茶色の発色がユニークなので, とくにネイチャー系の写真と組み合わせると, ハマったときは大変魅力的な写真になります. コントラストが高くなるので白飛びと黒つぶれは覚悟しないといけませんが.

実際に適用してみた写真が以下の通りです. 画面全体がブルーからマゼンダがかっていますが, これは色温度を若干低めに設定したためです.

f:id:inoshikacho:20170121205057j:plain

f:id:inoshikacho:20170121205059j:plain

f:id:inoshikacho:20170121205055j:plain

このプリセットの特徴は色温度に応じて暖色・寒色がはっきりと現れることだと思います. なので, 丁寧にホワイトバランスを合わせるよりも, すべてフイルムのように5500Kで撮影してしまうのもいいと思います.