写真部の人間 Neue

写真部の人間

意外と盲点かも!? スマホのカメラ, キズが付いていませんか?

突然ですが, 先日スマホ(Xperia Z3)をドコモのサポートを利用して新品(厳密にはリフレッシュ品)に交換しました. 交換した理由は電池の劣化したわけでも画面が割れたわけでもありません. 「カメラのレンズのキズ」です.

事の発端は昨年の秋頃, Xperia Z3(以降Z3)で撮影した写真をよく見ると, “画面内の明るい部分や反射している部分"が白くぼやけて写っていることに気が付きました. もともとZ3のカメラはメモ(Evernote)目的程度にしか使っておらず, ガッツリ写真を撮るときは鞄の中のFuji X20を使っていたのですぐには気づかなかったのです.

photoblog.hateblo.jp

具体的には下の写真の用な感じ.

f:id:inoshikacho:20170204171110j:plain

腕時計のベゼル部分や背景のレジ袋が白くぼやけています.

なぜぼやけて写っているのか, 元からこんな画質なのかはすぐにはわかりませんでしたが, 今年に入ってからふとカメラのレンズ部分を見てみると, レンズに無数の傷があることに気づきました(よく見ると一眼用レンズのカビとそっくり).

f:id:inoshikacho:20170204171105j:plain

このキズについていろいろ調べてみると,

  1. Xperiaをはじめとするスマートフォンのほとんどのカメラ・レンズには素材としてプラスティックが採用されている.
  2. そのままだと傷が付いてしまうので, 実際には薄いコーティングが施されている.
  3. 特にケースを使わずに利用していると, このコーティングにキズなどの劣化が生じる

ようで, 撮影する写真がことごとくボケてしまうのもこれが原因のようです. ちなみにiPhoneの場合はレンズにサファイアガラス(ダイヤモンドの次に硬い素材らしい)が採用されており, 裸で使っていても傷がつかないようです. 実際僕がドコモのZ3に機種変更する前に使っていたiPhone5も, キズ一つ付きませんでした.

いくらちゃんとした写真はX20で撮影するとはいえ, とっさのスナップ撮影ではZ3を使いたいもの. そこでドコモに修理の相談をしてみると, 8100円で新品同等品(リフレッシュ品, 中身は中古, ガワとバッテリーは新品)に交換できるそうで, そのサービスを利用しました. 新しいZ3は自宅に郵送されてきて, 古いZ3を郵送で送り返すという仕組みで, 送り返すのは10日以内と余裕があり, 設定やデータの移行もゆっくりと行えます.

新品のZ3と古いZ3を撮り比べてみるとその差は一目瞭然.

f:id:inoshikacho:20170204171110j:plain

f:id:inoshikacho:20170204171107j:plain

これでZ3のカメラもガッツリ使うことができます.

また, 現状レンズに傷をつけないようにするには厚めのケース(手帳タイプなど)を利用するほかなく, 今後は裸での使用を諦め手帳ケースを着けて使っていこうと思います. 時々保護フイルムにレンズ用シールが付属していることもありますが, プラスティックである以上すぐにキズがつくことには変わりないと思います.

ちなみに, 歯磨き粉を利用して中途半端に剥がれたコーティングを剥がしてしまう方法もあるようです. 僕は勇気がないのでやりませんでしたが.

SONY Xperia UL ぼやけたカメラの修理(レンズ研磨&コーティング) - まず分解.

mazu-bunkai.com


2016/02/12 追記

リフレッシュ品のZ3は, グレアの保護フイルムが貼ってある状態で送られてきました. しかも両面に貼ってあります. タッチスクリーン側のフイルムはともかく, 裏面(リアカバー)側のフイルムはお金出してまで買おうとは思わないのでちょっと嬉しかったです.