読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真部の人間 Neue

写真部の人間

デザインもOKなのに100円!? 100円ショップでカメラ用ネックストラップ購入!!

僕の場合,カメラのキタムラのネット中古でフイルムカメラ(それも高級コンパクト!! のB品)を購入する事が多いのですが,特にフイルムカメラの中古品では,たとえAランクの商品であったとしても付属ストラップがついてこない事(欠品)がよくあります。というか,ついてくるほうが珍しいですね。

となると,当然ストラップをもう1本用意しないといけないのですが,これがまた面倒です。ストラップて,例えばNikonの純正品だとAmazonで1600円ほどします。買えないほどではないですが,カメラが何台もあると,高校生がおいそれと購入できるようなものではありません。なので,僕の場合はよく使うカメラ(F4やOlympus 35DC)にはストラップを着けておき,防湿ケースの中でずーと眠っている可哀想なカメラ(Minolta a9やEOS 7)からはストラップを外しておく,という面倒くさいことをやっています。

そんなある日,近所の100円ショップ(セリア)でスマホ用のストラップを探していると,ストラップコーナーにカメラ用のストラップがおいてあるコーナーを発見しました。何種類かあるようで,一眼レフ用としてポピュラーなネックストラップや,手首にかけて使うハンドストラップなどもありました。カラバリも2種類ありました。

「ちょうどストラップがなくて困ってたから……」ということで,使ってみて良かったらたくさん買ってみようと思い,試しに1本買ってみました。

[caption id="attachment_517" align="aligncenter" width="700"]簡素なパッケージ 簡素なパッケージ。ついでに購入したスマホスタンドに乗っけて撮影[/caption]

カラーはイエロー系とブルー系の2種があり,今回はカメラに合いそうと思ってブルー系のものを選択しました。落ち着いた色合いでクラカメ(?)との相性は悪くなさそうです。100円ショップの製品というと,黒一辺倒か,あるいはド派手な蛍光ピンク,イエロー,ブルーというイメージが有りますが,セリアはダイソーなどと違ってけっこうデザインにも凝っており,落ち着いた,ナチュラルなカラーを採用したり,パッケージも落ち着いたデザインで100円なりにも多少高級感がありますね。

パッケージに書かれているイラストはどう見てもFujifilmのX100。おそらくミラーレスとか高級コンパクトをターゲットとした製品のようです。

[caption id="attachment_518" align="aligncenter" width="700"]DSC_0405 付け根部分はペナペナの合皮。だが遠くから見たらまずわかるまい[/caption]

パッケージを開けてみました。首に触れる部分はポリエステル製で幅28ミリ程度。付け根の部分は合皮製ですが,かなり安っぽいです。以前使っていた名刺入れが合皮製で,使っていてすぐにボロボロになってしまいましたが,それと同じ雰囲気がします。サルカン等の部品はプラスティック製です。紐の先端部分は幅が8ミリなので,一般的な一眼レフ用の三角環だとちょっと余裕がある感じです。

尚,この製品にかぎらず,ストラップを購入したら,カメラに通す前にこの付け根部分を引っ張って,強度を確かめておく必要があります。粗悪な製品だと付け根部分の裁縫が適当で,簡単にちぎれてしまう事があるようです。恐ろしいですね。僕が購入した製品は大丈夫でした。耐荷重は5kgとありますが,まずは1kg程度にしておくのが無難だと思います。

[caption id="attachment_519" align="aligncenter" width="700"]Nikonのこのストラップは,シナシナしていて大変使い勝手が良い。 Nikonのこのストラップは,シナシナしていて大変使い勝手が良い。[/caption]

さて,さっそくフイルムカメラに取り付けよう…と思ったのですが,目的のフイルムカメラは斯く斯く然然で手元に無く,代わりに以前購入したFujifilmのX20につけてみることにしました。X20にはNikonのネックストラップが取り付けてあります。このストラップ,かなりシナシナしていて,邪魔なときは手首に巻きつけておけますし,裸の首にあてても全く痛くないので大変重宝しています。やっぱりストラップはNikonのモノがイチオシな気がします。

[caption id="attachment_523" align="aligncenter" width="160"]まさかのプロスト巻である まさかのプロスト巻である[/caption]

パッケージの裏面にはストラップの取り付け方法が丁寧にも記されていましたが,いわゆるプロスト巻でした。「この製品のデザイナー,只者ではないな…」と思ってしまいましたが,ただの考え過ぎでしょうか。

[caption id="attachment_521" align="aligncenter" width="700"]三角環は自分で用意したもの 三角環は自分で用意したもの[/caption]

このストラップに限ったことではありませんが,ストラップを通すのは難しくはありませんが,ちょっと面倒です。サルカンのあたりがなかなか紐が通らず,ゼムクリップを引き伸ばしたものをうまく使うとスムーズです。X20は三角環を使うタイプですが,このタイプのストラップホールの製品の場合,別途三角環を用意しておく必要があります。この製品にはついてきません。

[caption id="attachment_522" align="aligncenter" width="700"]DSC_0409 装着完了[/caption]

首にかけてみた印象はそんなに悪くありませんでした。ストラップもこのカメラには十分な強度があるように思えます。しばらくフイルムカメラにつけて使ってみて,印象が良ければすべてのカメラに採用してもいいかな。