読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真部の人間 Neue

写真部の人間

ホワイトバランスはAWBではなく"太陽光"で いつもと違った風景になる

リバーサルフイルム(VelviaとかProviaとか)で撮影された写真には,デジタルカメラにはない"美しさ"がありますよね。もちろん,特にVelviaなどは色が鮮やかでコントラストも高い,いわゆる"記憶色"だからというのも理由の一つですが,それ以外にも理由はあります。

秘密は色温度?

それは,おそらく色温度(ホワイトバランス)が5500K,つまり"太陽光"で固定されているから,と僕は思っています。そもそも,デジタルカメラの場合,ホワイトバランスというのは光源の状態・性質に応じて調整するもので,蛍光灯の下なら"蛍光灯"に,白熱電球の下なら"電球"にセットするなど,その場に合わせて調整するのが常識です。

しかし,状況に応じて毎回"正しい"ホワイトバランスにセットすることが得策…というわけではありません。

たとえば,これはご存知の方も多いかもしれませんが夕焼けの写真を撮るにはホワイトバランスをオートにして撮影したり,"電球"にセットして撮影したりしてはいけません。それらのモードにセットして撮影すると,夕日のオレンジ-赤色がホワイトバランスによって相殺され,自分のイメージとは遠く離れた色の夕日となってしまいます。夕日の写真を撮るときは,"太陽光"にセットして撮影するのがベターとされています。この設定にすれば,確かに夕日をきれいな色で撮影することができます。

つまり,ホワイトバランスを"太陽光"にセットして撮影すると,被写体(特に風景)のありのままの色を撮影できるのです。日陰で撮影すれば青みがかった写真になりますが,それは却って日陰ということを強調することができます。

アサヒカメラのグラビアや写真集などの風景写真を見ると,その撮影データは決まって"WB : 太陽光"とあり,プロの風景写真家の多くはホワイトバランスを太陽光にセットして撮影しているようです。たしかに,早朝にとったと思われる一コマは写真全体が青みがかっていましたが,逆に"早朝の,まだ肌寒い時間帯"という雰囲気が伝わってきました。

以下は僕が撮影した作品です。すべてホワイトバランスは5600K,フイルムシュミレーションはVelviaを使用(但しLightroomから)。

f:id:inoshikacho:20170205225455j:plain

f:id:inoshikacho:20170205225454j:plain

f:id:inoshikacho:20170205225453j:plain