読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真部の人間 Neue

写真部の人間

今すぐできる!! 「明瞭度」を調節するだけで夜景やイルミネーションがかっこよくなる

デジタル一眼レフ・ミラーレス レタッチ Lightroom Nikon Tips/How to

[caption id="attachment_448" align="aligncenter" width="700"]ISO F22 15s 昨年撮影したもの ISO F22 15s 昨年撮影したもの[/caption]

実に一か月以上ぶりの記事更新になります(..)_。季節もすっかり冬になって駅前や公園,テーマパークではイルミネーションがにぎやかになってきましたね。そうなると,当然イルミネーションの写真を撮りに行きたくなりますよね。僕も先日,駅前のイルミネーションを撮りに行きました。写真部の活動の一として,後輩もつれて撮りにに行きました(すごい寒かったです。手袋・カイロ必須ですね。)

さて,イルミネーションを撮った後,一眼レフで見たときはすっごいきれいに見えて,ヤッターと思っても,いざ家に帰ってパソコンのディスプレイで確認したらそうでもなかった…なんて事,ありませんか? あれ,なんか違うんだよなぁ。もっとこう,イルミネーションがリッチだったような…なんて。

「明瞭度」を駆使してイルミネーションをリッチに

そんな写真でも,Lightroomがあればパワーアップできます。やることは簡単,Lightroomで開いて,「明瞭度」をぐっと下げるだけです。

Screenshot (13)

するとどうでしょう。イルミネーションがすっごくきれいになりませんか。Lightroomがあれば,この「明瞭度」を下げるとソフトフォーカスっぽくなる性質を駆使して,イルミネーションをリッチにすることができます。イルミネーションの光(LED電球の光)がほわっとぼやけて,なんとも幻想的な雰囲気を醸し出してくれます。

ただし,明瞭度を下げすぎるとかえってくどくなるので,用法・用量に注意。おおよそ-60から-80程度にしたほうがよさそうです。また,各種フィルターツール(段階フィルターや円形フィルター,ブラシツール)を使って,イルミネーションの部分にだけ適用すると写真にメリハリがでていい感じになります。

冒頭の写真は昨年撮影したものです。市内のフォトコンで優秀賞をゲットしました。(ゴーストがひどいですね…)