読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真部の人間 Neue

写真部の人間

Lightroomのカタログを消しちゃった…そんな時は落ち着いて復元を!! 復元方法まとめ

LightroomCanonのDPPなどと違い,「カタログ」というシステムで写真データを管理しているのが特徴です。このシステムのおかげで元の画像ファイル(DNGやJPEG)に一切手を付けずにレタッチすることができたり,同じ画像データから複数の作品を制作(黒白にしたりHDRにしたり)することができます。

しかし,このカタログの仕組みを理解していないと大変なことになります。例えばLightroomを使わずに,WindowsのExplorerやMacのFinderで画像ファイルを移動したり削除したりすると,Lightroomがそれを認識できずに写真を正しく管理できなくなってしまいます。また,たとえ画像ファイルは確実に用意できていても,**Lightroomのカタログファイルが破損していると,これまでに行ってきた画像のレーティングやレタッチのすべてが水の泡になってしまいます。

やらかした

実際,昨日の僕がまさにその状況でした。僕は画像ファイル(DNG)もLightroomのカタログファイルもすべて外付けHDDに保管しているのですが,ある都合で別のHDDにデータを移す必要がありました。

WindowsのExplorerで画像ファイルを移動してしまうとLightroomが正しく機能しないことはもちろん知っていたのでLightroomを起動して,そこから新しいHDDに画像ファイルをすべて移動し,「これでようやく終わった」と元のHDDをフォーマットしてしまいました。

フォーマットし終えた後,Explorerで新しいHDDを確認して気づいたのですが,画像ファイルの移動は終わってても,Lightroomのカタログファイルを移動することをてっきり忘れていました(ー_ー)!!

しかし,僕の場合は幸いにもカタログのバックアップを外付けHDDとは別のHDD(Cドライブ)に行っていたので,何とかなりました。もしバックアップを面倒がって行っていなかったら…

具体的なやり方

Lightroomのバックアップの復元はいたって簡単です。

まず,僕の場合はカタログのバックアップをCドライブに行っていたので,そのフォルダを見つけます(隣のLightroomのカタログデータは,昔使っていたデータです。今回は無視してください).

f:id:inoshikacho:20170202231201j:plain

その中に「年-月-日 時刻」形式のフォルダがいくつか見つかります(今回は古いデータを削除してしまったので,1つだけですが)。今回のように,単に間違えてカタログデータを削除してしまった場合は日付が一番新しいものを選びます。

f:id:inoshikacho:20170202231202j:plain

このフォルダの中に"Lightroom 5 Catalog.lrcat"と"Lightroom 5 Catalog Previews.lrdata"というフォルダがあるので,これを適当な場所(僕は画像ファイルと同じ新しい外付けHDD)にコピーします。

f:id:inoshikacho:20170202231203j:plain

最後に,コピーした"Lightroom 5 Catalog.lrcat"をダブルクリックして起動します。この時バックアップしたLightroomのカタログデータが読み込まれ,無事復元成功となります。

Lightroomが起動してカタログが読み込まれても,写真が読み込まれない(「!」マークがついている)場合は,いったん画像ファイルを元の場所(フォルダーの名前やドライブ文字なども完璧に再現して)に戻して,もう一度起動します。その後,Lightroomから画像ファイルを移動して,忘れずにLightroomのカタログデータを移動します。

カタログデータに関してはExplorerで移動します。カタログデータは基本的にはどこに置いても正しく読み込んでくれるようです。