写真部の人間 Neue

写真部の人間

写真に温もりがほしいなら,ホワイトバランスを「くもり」設定にしよう

f:id:inoshikacho:20170202214702j:plain

写真で自分の気持ちを表現するうえで重要な要素の一つに"色"があります. 同じ構図・同じ露出の写真でも色味が変わるだけで写真が訴えるもの(?)がかなり変わってきます.

写真の色味を変えるには例えばピクチャースタイルなどのカメラの機能を使う方法もありますが, 一番手っ取り早いのは"ホワイトバランス"を変えてみることです.

通常はオートか, あるいは条件(光源)に合ったプリセットや色温度にセットしておくのが普通ですが, これをあえ"間違ったホワイトバランス"にすることでより自分の気持ちを表現しやすくなるはずです.

僕のおすすめの"間違ったホワイトバランス"は"くもり"モードです. おそらく, 一眼レフではもちろん, コンデジスマートフォンにもこの設定はあると思います.

この設定の何が凄いかというと, この設定にするだけで写真に"温もり"を与えることができる点です.

f:id:inoshikacho:20170202214701j:plain

左:“オートホワイトバランス” 右:“くもり”(両方ともLightroomで設定, ホワイトバランス以外の変更なし)

例えば, 上の写真を見てください. 夕方の畑の畦道で撮影した写真ですが, ホワイトバランスをそのまんま"オート"にしていたらもっとつまらない写真になっていたと思います. しかし, ホワイトバランスをあえて"くもり"設定にすることで, ぬくもりのある写真にすることができました.

元の素材自体が微妙なのでイマイチはっきりしないかもしれませんが, 例えば商店街や路地でのスナップ撮影なんかでは, この技はかなり威力を発揮すると思います.

もちろん, 極力ホワイトバランスは正しい設定にするのがベターですが, たまにはひねくれて, 設定を間違えてみるのもどうでしょうか.


P.S. そういえば蛍光灯の下で, くもり設定で撮影すると, ちょっと効果がきつすぎると感じるかと思います. 最近の一眼レフはホワイトバランスを微調節できるので, そこからいじってみるのもよろしいかと…