読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真部の人間 Neue

写真部の人間

白飛びや黒潰れはないほうがいいの?

カメラ Canon 露出 Lightroom Tips/How to

f:id:inoshikacho:20170214004546j:plain

修学旅行に行っていたので, ずっと記事を更新することができなかったのですが, 今日からまたちゃんと記事を書き始めます. 今回は白トビと黒潰れについて.

白飛び・黒潰れとは

白飛びとは, 簡単に言うと"明るすぎて, 完全に真っ白になっている状態"のことで, 晴れた日の屋外で撮影をしていればよく起こります. 一眼レフはイメージセンサーの質が高いのであまり起きませんが, コンデジイメージセンサーがかなりしょぼいので, 青空が白潰れして真っ白な空になってしまうことなど日常茶飯事です.

よく白飛びするのは,

  • 晴れた日の青空
  • 白い服
  • 直射日光が当たった肌

などなど…

一方, 黒潰れとは, こちらは白飛びの真逆で, “暗すぎて, 完全に真っ黒になっている状態"のことで, 黒い服を着ている人を撮影したり, 被写体の影の部分でよく起こります.

白飛びはアウト?

基本的に, “白飛び"はタブーとなっています. パソコンなどの画面上では気にならなくても, 印刷した写真をみると, 空が真っ白になっているのは非常に違和感を感じます.

また, 特に空や白いシャツなどが大々的に白飛びしていると, 人間の脳の性質上どうしてもその明るい, 白飛びした部分に注目してしまいます(人間はまず明るいところに注目する性質があるようです).

黒潰れはOK?

一方で, “黒潰れ"のほうはそれほど気にしなくてもいいようです. 基本的に, 黒潰れというのは建物の影の部分なんかでよく発生するのですが, "影の部分が主役"という写真はあまり無く, たいていの写真は"主役は明るくて, 脇役は暗い"写真がほとんどです.

つまり, 黒潰れするような暗い部分というのは, 写真を見る人があまり注目しない"脇役部分"なので, たとえ真っ黒になっていてもそう問題はありません.

また, “白飛びが空一面が大々的に白飛び"というように, あたり一面が黒潰れするようなことはめったにありません. 大抵は"影の一部分が黒潰れする"ように, 極一部の場所だけが黒潰れします. これならなおさら目立ちませんね.

でも結局は…

以上の文をまとめると, “黒潰れはまあ許容範囲だけど, 白飛びは絶対に発生してはいけない"みたいなニュアンスになっていますが, 決して"白飛びは必ずあってはならない"というわけではありません.

白飛びを恐れて, あえて露出補正で暗くしたり, 無理なアングルにしたりすれば, かえって作品の質に影響します.

モデルの顔面などに大々的に白飛びが発生するようなものは問題ですが, それほど"白飛び・黒潰れ"のことを気にする必要はないと思います. 空の一部分が白飛びしたり, 背景の, 建物の一部が白飛びしたりする程度であればノープロブレムかと.

ちなみにNikon, Canonの一眼レフには白トビや黒つぶれを防ぐ機能がついています.

photoblog.hateblo.jp