読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真部の人間 Neue

写真部の人間

もっと便利な露出計アプリを発見!!

先日iPhoneを露出計にするアプリを紹介しましたが,その時に紹介したアプリよりももっと便利で使いやすいアプリを発見しました。その名も「Pocket Light Meter」というアプリです。

2014-05-22 18.04.45

 

ダウンロードはApp Storeからできます。

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 Pocket Light Meter

先日紹介したアプリでは一旦iPhoneで撮影してからでないと測光することができませんでした。しかし,このアプリであれば被写体にiPhoneのカメラを向けるだけでリアルタイムに測光してくれます。

2014-05-22 18.03.18

 

測光の方式は赤枠の部分を測光するスポット測光となっており,赤枠はタッチで動かすことができます。また,被写体の明るさに応じて下のTime/Aperture/ISOの表示が変化するようになっており,より直感的に測光できるようになっています。

右下のHOLDボタンをタップすれば,画面をホールドすることができるので,露出を確認するときに便利です。

また,左下のLOGボタンをタップすると,下のような画像がカメラロールに保存されます。

2014-05-22 18.03.23

LOGをタップしたときの

  • 被写体の様子(左の画像)
  • 適正露出値(Expusure)
  • 撮影日時(Date and Time)
  • 場所(Location)
  • 付近の駅や公共施設(Near)

が記された画像が保存されます。ちなみに,このLOGボタンをタップしても「カシャ」という音はならない(バイブが震える)ので,煩くありません。

このアプリをもっと活用できれば,露出計アプリとしてだけでなく,フイルムカメラの撮影記録も同時に行えるはずです。実に便利なアプリです。