読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真部の人間 Neue

写真部の人間

Lightroomを使う人は要注意!! テレコンを使うならレンズ補正は無効にしなきゃダメ

あいさつ・雑記 カメラ デジタル一眼レフ・ミラーレス レタッチ Lightroom 機材

特にスポーツや野鳥などを撮影する際には,できる限り400ミリとか600ミリなどの,長い焦点距離のレンズを使って,できる限り被写体を大きく撮影したいですよね。しかし,400ミリや600ミリのレンズともなると,たとえズームレンズだったとしてもお値段は何十万円と,とても高額なものしかありません。

そんな時にあると便利なのが,「テレコンバーター」というアイテムで,これを使えば開放F値は暗くなる(1段か2段)のですが,その代わりにレンズの焦点距離を1.4倍か2倍にすることができます。これを使えば,70-200mm F2.8のようなレンズを,140-400 F5.6へと変身させることができ,これならサッカーや野球など,近くに寄ることのできない被写体でも大きく撮影できますね。

で,僕も実際,70-200mm F2.8のレンズに2Xのテレコンバーター(ともに先生から借りた)を使って先日卓球の試合と弓道の試合(?)の写真を撮影してきました。卓球は会場が暗いのでISO感度を6400まで上げないと撮影できないうえ,弓道は場所取りが難しく,ちょっとだけ撮影は大変でしたが,それでもいい写真を何枚か撮影することができました。

それらの写真は,すべてRAWで撮影して,Lightroomで編集するのですが,ここで一つ困ったことが起きてしまいました。

Lightroomには「レンズ補正」という機能があって,この機能を使うとその時撮影に使ったレンズに応じて,それぞれ歪みや周辺減光(ケラレ),フリンジの色などを補正することができ,僕は基本的には毎回この機能を使って,40ミリのレンズなら40ミリの,50ミリのレンズなら50ミリの,それぞれ補正をしてから編集をしています。

先の,卓球と弓道の写真も同様にLightroomに取り込んで,そのあとレンズ補正機能(レンズはSigmaの 70-200 F2.8)を使用したのですが,何かがおかしいのです。

[caption id="attachment_311" align="aligncenter" width="700"]レンズ補正前 レンズ補正を使用[/caption]

[caption id="attachment_312" align="aligncenter" width="700"]オリジナル オリジナル[/caption]

気のせいかもしれませんが,レンズ補正機能を使った時よりもオフにしたとき(=レンズ補正機能を使ってない)のほうが,写真がゆがんでおらず,ちゃんと直線は直線になっているような気がしました。

そう,この時使用したレンズは

Sigma : APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM + 2xのテレコンバーター(Sigma)

という70-200レンズにテレコンを装着したものですが,Lightroomのレンズ補正では

Sigma : APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

というふうに,要はテレコンバーターを使ったという設定が反映されていなかったのです。

[caption id="attachment_313" align="aligncenter" width="360"]スクリーンショット (51) テレコンを使用した旨はない[/caption]

Lightroomは「テレコンは使わず,70-200だけを装着した」前提でレンズ補正をしているので,レンズ補正のレシピが合わず,結果過剰に補正されてしまったということのようです。

ちなみに,Lightroomのレンズ補正では,基本的にはレンズは自動的に選択されるのですが,手動で使用したレンズを選ぶこともできます。ただ,その選択肢の中にもテレコンバーターの項目はありませんでした。

スクリーンショット (52)どうやら,テレコンバーターを使用した際は,Lightroomのレンズ補正を使って自動で歪みや周辺減光を補正することはできないようです。ただし,手動でレンズのゆがみや周辺減光を補正することは可能なので,ちょっとコツが必要ですが,そうすることにしました。

ただ,Canon純正RAW現像ソフトのDPPには,Canon製レンズ・テレコンの組み合わせに限りますが,テレコンを使ってもレンズの補正ができるようになっていますから,Adobeさんにもそこんところ頑張っていただきたいですね。