写真部の人間 Neue

写真部の人間

フイルムは冷蔵!? 覚えておきたいフイルムの保存方法

f:id:inoshikacho:20170126200719j:plain

最近またフイルムカメラを持ちだして近所をほつきあるいている僕ですが,フイルムカメラを使っているのが事実上僕一人だけなので,部室にはまだまだNEOPANやらT-MAXやらがたくさん残っています。というか,本来はフイルムは個人で購入しないといけないのですが,部室にたくさん置いてあって誰も使わないし,放っておくと使用期限が切れてしまう(もう期限が来ているものも多いです)ので,勝手に使っています。

今回はそのフイルムの保管方法についてまとめてみました。

買ってきたフイルムはどう保管すればいいの

キタムラに行けばまだまだいくつかのフイルムが用意されています。それらはすべてパッケージのまま商品棚に陳列してあるので,自分が買って,家で保管するときも常温保存でいいのかなと思ったら大違いです。

いや,大違いとまではいきませんが,フイルムは原則「冷蔵庫」で保管してください。フイルムには乳剤とよばれる薬品が塗られており,この乳剤が劣化すれば当然写真の画質にも影響してきます。ですから,フイルムは原則冷蔵庫に保管してください。

但し,注意するべき点が2つあります。一つは「冷蔵庫に入れる前にフイルムケースからフイルムを出さないこと」です。一旦フイルムケースから取り出して,またフイルムケースに入れて冷蔵保存すると,温度差によってフイルムの表面に結露(水滴)が発生してしまいます。結露が発生すればフイルムの品質にも影響してしまいます。

もう一つは「カメラに装填する6時間前ぐらいに,冷蔵庫からフイルムを取り出すこと」です。これも同様,冷蔵庫から取り出した直後にフイルムケースをあけるとフイルム表面に結露が発生してしまいます。カメラに装填する直前ではなく,6時間ぐらい前からフイルムを冷蔵庫から取り出しておき,室温に慣れさせておくのがいいでしょう。

撮影を終えたら…

できる限り早く現像してください。撮影後はフイルムの乳剤で化学変化が起こっているわけですから,あまり長い時間放置していると画質に影響が出てくると思われます。

特に自家現像の場合はまとめて3,4本でやりたくなりますが,そういう際に撮影済フイルムはできる限り涼しくて暗く,おまけに乾燥した場所で保管するようにしてください。撮影後は冷蔵庫で保管してはいけません。理由はお分かりだと思いますが,結露が発生してしまうからです。僕の場合は,カメラと同じように乾燥剤を入れたタッパーに保管しています。

現像後の保管方法は

現像後のフイルムの扱いで注意しなくてはいけないのは「カビ」「指紋」「キズ」の3つです。

まず,カビですが,フイルムという性質上レンズ同様にカビに狙われやすいようです。十分に乾燥したところで保存するよう心がけたいです。ついついキャビネットの奥のほうに埋もれてしまい,発見した時にはカビだらけ…ということにならないように気を付かなくてはなりません。

次に,指紋ですが,引き伸ばし作業をする際についつい手でフイルム面を触れてしまいそうになりますが絶対にフイルムにベタッと触れてはいけません。おそらく,一度フイルムに指紋が付いたら完璧にふき取るのは極めて困難だと思います。用意ができればハクバなどが販売している整理用の手袋などを使うようにしたいです。

最後に,キズですが,フイルムの表面に傷ができてしまうと,フイルム上では小さな傷でも引き伸ばしして印画紙で確認すると結構目立ったりします。フイルムに傷ができる主な要因はフイルム上に付着した埃や砂だと思います。引き伸ばし作業をした後などにはブロアーなどでフイルム表面をきれいにしておくよう心がけておきたいです。