写真部の人間 Neue

写真部の人間

撮影技法の習得に便利!! Exif情報でわかることまとめ

f:id:inoshikacho:20170125202934j:plain

おそらく今現在世に出回っているデジタルカメラにはほとんど"Exif機能"なるものがついているはずです. “Exif"は"イグジフ"と読みます.

Exifとは

Exifは簡単に言ってしまえば“その写真を撮影したときの, 日付・時刻・カメラの設定そして装着したレンズなどのあらゆる情報をまとめたデータ”であります.

何が便利なの

例えば, Exifに含まれるデータのうちの一つに"絞り/シャッタースピード/露出補正"があります. 撮影後に自宅で実際に撮影された画像を見ながらExif情報を参照することで, “もっとシャッタースピードを速くすればよかった"とか"ここは露出補正すべきだった"など, いろいろと技術的な反省をすることができます.

デジタルになってからは, 特にRAW画像とデジタル現像ソフト(Lightroom)の普及によって後からでも十分リカバリすることが可能になりましたが, それでも撮影時に的確な露出や構図を撮ることが大切であることは言うまでもありませんね. そもそも, デジタル現像ソフトは原則, “完璧な露出"の作品の完成度をより一層高くするためのものであって, 失敗をリカバリするためのものではありません.

どんなデータが収納されてるの

ここからが今回のメーンテーマ, “Exifの具体的な内容"です. まずは, Exifデータの確認方法ですが, おもに2つの確認方法があります.

デジタル現像ソフトを使う

Lightroomなどの現像ソフトやレタッチソフトを使うのが一番早いと思います.

f:id:inoshikacho:20170125202930j:plain

例えば, Lightroomの場合は"ライブラリ"の画面の状態で写真を1枚選択すると, 右側のサイドバー"メタデータ"に詳しく表示されます.

f:id:inoshikacho:20170125202931j:plain

“初期設定"と書かれているところを"Exif"に変更すると, Exifデータのみが表示されます(Lightroom独自のデータなどは表示されない). また, 初期設定では表示されなかったデータもたくさん出てきます.

f:id:inoshikacho:20170125202932j:plain

Windowsエクスプローラーを使う

f:id:inoshikacho:20170125202933j:plain

現像ソフトを使わなくても, 画像ファイルを直接右クリックし, “プロパティ"をクリックします. すると先ほどのLightroomと同様に画像データを表示することができました(先ほどの画像とはまた別のファイルを表示しています).

但し, この方法ではRAWファイルのExifを確認することはできないはずです. JPEGデータのみです.

これだけでも

  • 撮影日時
  • カメラメーカー
  • カメラの機種名
  • (露出関係)
  • (レンズ関係)
  • ホワイトバランス
  • 測光モード
  • スピードライトの使用有無
  • 編集ソフトの使用
  • (GPS関係)
    • 測距位置
    • 測距方角
    • 測距高度

などのデータを調べることができました. これだけの情報があれば撮影時の状況を忠実に再現することができますし, もし自分の思い通りの作品が撮れなくてもその原因を判断するのに役立ちそうです.

また, Canonのカメラの場合はDPP, Nikonのカメラの場合はView NXなど, カメラメーカー独自の現像ソフトが用意されている場合はそれを使えば, もっとたくさんの情報(AF測距点とか色の補正の情報など)を確認できます.

危険性は

ただし, 気をつけなくてはいけない点が1点だけあります. それは"GPSの位置情報"です. 撮影した画像をインターネットにアップロードしたり見知らぬ人にメールなどで写真データを渡したりする場合には, 特に注意が必要です.

もっとも, つい最近になるまでGPS機能付きの一眼レフは少なかったのですが, 最近ではプロ用モデルでも標準搭載が多くみられます. ミラーレスにも搭載している割合が高く, コンデジでも高級モデルには搭載しているものが多いでしょう.

一眼レフなどのカメラに限らず, 注意してほしいのが"スマホのカメラのExif"です. iPhoneの場合は設定にもよりますが撮影するとiPhoneGPSWi-Fiデータによって位置情報が付け加えられていることがあります.

Exif情報は後から消すこともできます. エクスプローラで右クリック->プロパティ->詳細->“プロパティや個人情報を削除…"から削除可能です. なお, Amebaブログなどのサービスではアップロードすると自動的に位置情報を削除してくれるそうです. 安心ですね.