読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真部の人間 Neue

写真部の人間

暗室のあの臭い苦手なら,酢酸の代わりにクエン酸を使うといいらしい

フイルムカメラ 豆知識 Tips/How to

f:id:inoshikacho:20170125202928j:plain

暗室を一度でも使ったことがある人なら「暗室の臭い」といっただけでだいたいどんな匂いなのかをご理解いただけると思います。フイルム現像をする場合は専用タンクを使えばあとは窓辺などでも現像可能なので臭いはそれほど問題ではありませんが,印画紙現像時はあの狭い部屋の中に小一時間閉じこもっているわけですからこの臭いは重大な問題かもしれません。

僕は鼻炎で,あまり嗅覚が鋭くないので現像時の臭いはそれほど気になりません(単純にもう慣れてしまったのかもしれませんが)。しかし,氷酢酸を水で希釈する際はビンからものすごい異臭が発生しますから,鼻炎の僕でも一苦労です(僕の部では富士酢酸を使わずに,氷酢酸を水で溶いてます)。

基本的に現像液や停止液は暗室ではなく部室で作りますから,僕以外にも被害が及んでいるのは確かなようです。先輩方はもう耐性がついてるかもしれませんが,もうすぐ入ってきてくれるであろう新一年生は地獄を見ることになるかもしれません(笑)。

停止液を用いずに,停止浴を水洗で代用させる方法もあります。そうすればあの異臭は発生しません。しかし時間と労力がかかるうえにほんの少しですが水洗中にも現像は進んでしまいます。そこで,今回いろいろ調べてみたところ,「酢酸の代わりにクエン酸を用いると(停止液の)臭いが発生しない」という旨の記事をいくつか見つけました。

クエン酸(クエンさん、citric acid)は柑橘類などに含まれる有機化合物で、ヒドロキシ酸のひとつである。Wikipedia)

停止液というのは,要はアルカリ性である現像液を中和させることができる,つまり酸性の液体であれば基本的には問題ないわけです。クエン酸はレモンなどに含まれる酸の一種で,酢酸と違い臭いは発生しないようです。

処方(作り方)は,クエン酸15gに水1Lでいいそうです。クエン酸Amazonで,500gのものが1000円前後で販売されていました(それ以外にもっと安いものもありました)。

僕はまだ試したことがありません(もう酢酸に慣れてしまった上,部室に氷酢酸のビンがいくつか残っていたので)。でも,どうしても臭いが気になるという方は試してみてください。