写真部の人間 Neue

写真部の人間

「ピクチャースタイル」に要注意! ポートレート設定は日本人向きではないぞ

f:id:inoshikacho:20170122175717j:plain

CanonのカメラにもNikonのカメラにも,デジタル一眼レフカメラであれば大概のメーカーには,撮れる写真の「色味」をチューニングできる,「ピクチャースタイル」みたいな機能があります。

Canonでは「ピクチャースタイル(Picture Style)」という名称ですが,Nikonだと「ピクチャーコントロール」という名称だったと思います。それ以外のメーカーについてはいじったことがないのでわかりません(笑)。

で,そのピクチャースタイルにはシーン別にいろいろ用意されていて,その中に,ポートレートというのがあります。これは主に女性モデルを撮るときに,使うもので,Canonの説明では

女性や子供の肌の色を、 透明感ある健康的な表現に。

とあります。

僕はポートレートのような,人物がメーンの写真を撮ることは少なく,この「ポートレート」設定自体使ったことがありませんでした。いや,人物メーンの写真も高校の部活動を撮るときにその機会がありますが,被写体は男子生徒ばかりなのでどちみちポートレート設定を使う機会がなかったのです(-ω-)/

しかし,先月の下旬に写真部内でご卒業される写真部の3年生を招待してのお別れ会を開きました。その際に何枚か記念写真を撮る機会がありました。使ったカメラは僕のEOS 60D

記念写真とはいえ,女性のポートレートを撮るいい機会です。家に帰ったら,早速撮った写真をデジタル現像してみました。

まずはCanon純正のDPPという現像ソフトで,ピクチャースタイルを「ポートレート」に設定して現像してみます。 さて,きれいな肌になっているかな…と期待して現像してみたのですが,

んんっ,いや,きれいじゃない。むしろ,普通の設定のほうがきれいなのでは。

たしかに,肌は淡いピンク色をしていて,柔らかい感じの雰囲気にはなっているんですが,なんか違和感を感じます。

違和感の原因は,おそらく

  • 日本人的ではない肌の白さ(透明感)
  • コントラストの高さ
  • ピンク色がニキビのようにも見える

ためしにピクチャースタイルを「スタンダード」に設定して現像してみましたが,こっちのほうが遥かに違和感が少なく,また,健康的で綺麗な肌色だと思います(肖像権の都合上,参考画像をアップできないのが残念です)。

おそらく,ポートレートの設定はコーカソイドの白い肌やきれいに化粧され,ライティングも完ぺきな女性のポートレートなんかのためにあるようで,一般撮影には適さないと思います。

あるいは,単純に光源が悪かったのかもしれません。写真部の部室で撮ったので光源は当然蛍光灯。たとえWBを調節したとはいえ人の肌の色味が悪くなってしまいます。 自然光で撮影すれば,黄色人種でもきれいに写せるのかもしれません。